施術ページ.png

産後の骨盤矯正でお困りの方

産後の骨盤矯正

医師推薦.jpg

産後の骨盤矯正

このような症状でお困りではないですか?

  • 寝転ぶと腰が痛く、眠れなかったり、途中で目が覚めたりする

  • 妊娠中は、出産したら腰痛が改善するものだと思っていたが、なかなか痛みが引かない

  • 授乳時や子供を抱っこしているときに腰が耐えられないくらい痛い

  • 腰痛や慣れない育児で家事がスムーズにできない

  • あまりの腰の痛みにイライラしたり、憂鬱になったりしてしまう

安心してください!当院には、産後の骨盤矯正に悩まされていた患者様が数多くいて症状の良化、治癒していく実績が数多くあります。

産後の腰痛は、放っておくと慢性化したり、段々と症状がひどくなったりすることも少なくありません。自分の時間がかけづらいとは思いますが、もしこのような症状がありましたら当院までお越しください!

産後の骨盤矯正の原因って?

妊娠中から始まり、出産しても続く腰痛
「赤ちゃんがお腹にいないからもう痛くなる要素はないんじゃないの?」と思われると思います。では、産後の体の状態はどうなっていて、なぜ出産後も腰痛が改善しないのでしょうか?

​その原因は、骨盤の開き:とても健康な方はホルモンによって骨盤を締めることができます。しかし、出産しても腰痛がまだ残るという方は出産時、骨盤が開いたままになっている可能性があります。

睡眠不足や、抱っこや家事などでの体の負担:妊娠・出産の疲れがまだ体に残っているうちに、慣れない育児・育児による睡眠不足・抱っこなどでの物質的負担がお母さんに襲い掛かります。と考えられています。

一般的な治療法

一般的には、

  • 骨盤ベルト

  • 湿布(医師が許可したもの)

  • 骨盤体操

  • 電気療法

などが行われることがほとんどです。

一過的に腰痛が改善することもありますが、また日々の生活に戻ると痛みがぶり返したり、施術を受けているに関わらず、腰痛が段々と悪化することも少なくありません。では、どうしたら産後の腰痛が改善・再発防止できるのでしょうか?

勝田台総合整骨院だからこその治療法

当院では、産後の腰痛の原因を

  • 骨盤の開き

  • インナーマッスルの弱化・緩み

  • 大幅に変化した腹圧(お腹の中の圧力)

だと考えています。

まず、先ほどもお伝えした通り、出産時にはお腹や骨盤に大幅な負荷がかかり、骨盤が開きます。腰痛が改善しない方のほとんどはその骨盤がそのままになってしまっています。

また、妊娠中〜出産時のお腹への負荷が、インナーマッスル(深層筋)を緩ませたり、弱らせたり、傷つけたりします。そうすることでうまく骨盤や背骨を支えられなくなり、痛みが起こりやすく、改善しない体になってしまうのです。

 

さらに、赤ちゃんが大きくなったり、出産してお腹から出て行ったりすることで、お腹の中の圧力が大幅に変化します。そういったことでも骨盤や背骨・筋肉に負担をかけてしまうのです。

そこで当院では、

  • 骨盤や背骨の矯正

  • 寝ているだけでできるインナーマッスルのトレーニング(楽トレ)

  • 腹圧調整

骨盤矯正などは、あなたも聞いたり、試してみたりしたことがあるかもしれません。
しかし、骨盤や背骨を矯正するだけではまた元どおりになることがほとんどなのです。

当院では、骨盤矯正での施術効果が元どおりにならないよう、インナーマッスルのトレーニングや腹圧の調整も同時に行なっていきます。

そうすることで、骨盤や背骨・その周りの筋肉を調整・鍛えた上で、骨盤を整えることができます。それが産後の腰痛を改善したり、再発防止をしたりできるポイントなのです。

勝田台総合整骨院では根本的治癒を目指しています。もしあなたが産後の骨盤矯正でお困りならぜひ一度当院へお越しください。

当院からホームページだけの特別特典のご案内です。